インタビュー動画

Mー1に出場することも、交洋貿易に入ることも、新しい世界を開くきっかけ。

Mー1に出場することも、交洋貿易に入ることも、新しい世界を開くきっかけ。

#M-1#乙仲さん#新しい世界

梶田莉好 応用化学専攻卒 化成品部
勤続年数3年

この人たちと働くって考えた時に、楽しくやっていけるんじゃないかなって。

交洋貿易を志望された理由はなんですか?

大学時代は化学を専攻しておりまして。貿易会社は見てなかったんですけれども、化学を生かせるかなと調べていて交洋貿易を見つけました。説明会に来てみたら、採用担当の人も若手社員も距離が近くて。
あと面接以外でご飯食べに行った時も、すごくみんなが楽しそうで。ここの人たちとなら人間関係のストレスを気にせず、楽しくやっていけるんじゃないかなと思って決めました。

実際に働いてみてどうでしたか?

やりたいことがあれば、これやりたいですって伝えるとそれがすんなり認められるっていう。いろんな意見が飛び交ってて、それを実現してくれる環境が交洋貿易だと思うので。
人によってはやりたいこととか目的とか、仕事とプライベートを充実させたいとか、いろいろな考えがあるんだけれども、私は責任感も持ちながら仕事ができてるので、そういうところもメリットですね。
03-1-photo1

やりがいを感じられたお仕事は?

貿易する際のいろいろな手続きだったり、通関の作業をすべて行ってくれるのが乙仲さんです。私たちはその乙仲さんと取引をしながら一緒に商品を輸出するので、すごく重要な仕事のパートナーなんです。

前任者から仕事を引き継いで業務を1人でやっていた時期と、その乙仲さんを変えましょうっていう時期が重なって、一から新しい乙仲さんと業務をスタートすることになったんです。初めて会う乙仲さんと、仕事の流れとかを自分で全て決めて。どうしたら効率よく作業が進むのか、前回を踏まえて今回こうしようとか、人間関係の作り方も含めて自分で考えながら、ゼロから作り上げていったのが2年目ですかね。それができたのですごく達成感がありましたし、業務の自信にもなりました。

03-1-photo2

Mー1にも力入れて頑張っていきたい。

早速ですが、夢はMー1で功績を残すことと聞きましたが。

入社前に出たんですよ、Mー1に。それを時期が被ってたんで説明会で話したら、Mー1のやつだ!と広まってしまいまして。仕事はもちろん大事なんですけど、Mー1にも力をいれて頑張っていきたいなあと。
人生を変えるという点では交洋貿易に入る、M―1に出る、も同じです、何も変わらないです。なので、交洋貿易に入るってことを考えてるんであれば、Mー1に出るって事も視野に入れて就職活動していただければ、また新しい世界が開けるんじゃないかなと思います。

学生さんにメッセージはありますか?

やりたいこととか、こういう社会人になりたいなとかいうことを交洋貿易の社員に伝えてもらえば、新しい社会人生活ができると思いますので。
アグレッシブな方に是非来ていただければと思います。


これまでのこと、これからのことを話そう。

COPYRIGHT © 2007 KOUYOH TRADING CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.