インタビュー動画

自分で考えてビジネスができるのが商社の魅力

自分で考えてビジネスができるのが商社の魅力

#世界#挑戦#あれの原料#サイトは気にしない

坂下周平 法学専攻卒 東京貿易部
勤続年数1年

初めての繁忙期を乗り切った時、達成感を感じました。

僕の部署は、塗料の溶剤とか原材料や、化粧品に使う界面活性剤を仕入れてきて、メーカーさんに売っています。 僕はその船積み業務をやっております。書類を作ったり、船を予約したり、納期を調整したりしてますね。

入社1年目なので船積みをちょっとずつやってるんですけども、普段はだいたい10件ぐらいなのが、11月12月は15件とか20件近くありました。それに営業のサポート業務とかもあったので、10時ぐらいまで残業が続いた時があって。初めての長期の残業だったので大変だったんですけども、結構頑張ったら行けたんで、達成感を感じましたね。

取引先は中国が5割、ベトナム3割、あとタイとか。営業担当から契約書をもらって、それに基づいて書類を作って出すんですが、その書類自体は全部英語なんですけど、実際に国内でやりとりする時は日本語ですね。
学生時代の勉強は役に立ちましたか?

学生の時は法学をやっていて、会社法とか労働法とかやってたんですけれども、船積み書類を作るときに法律も絡んでくるので、そのときにほかの人よりは読みやすいのかな。

貿易の知識はありましたか?

貿易の知識はほとんどは会社に入ってから。最初は書類の作り方とか流れを先輩から教わって。と同時に貿易実務検定っていう資格があるので、それを勉強して流れを覚えたり、プラスアルファで知識を増やしたりしてましたね。 今も勉強を続けています。

01-2-photo1

先輩に悩みも相談しやすいし、良い環境かな。

就職先は商社で探していました。
自分で考えてビジネスを作っていけるっていうところに商社の魅力があったので。

目標の先輩は?

平山さん。おなじ部署の、中国向けの船積みをやってるんですけど。業務を最初から教えてもらってる方で、お昼ご飯とか連れてってもらったり、悩みとかも相談しやすい雰囲気を作ってくれたり。頼れる存在かな。いい世界だなって感じますね。


これまでのこと、これからのことを話そう。

COPYRIGHT © 2007 KOUYOH TRADING CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.